≫ EDIT

そろそろ秋

シアトル 曇りのち晴れ harekumor_202209180252591ad.png 20℃/ 12℃


先週、中秋の名月が綺麗でしたねー。
IMG_1942.jpg

気温がどんどん下がって、夏終わり宣言したシアトル
秋の花がどんどん咲いています。

エキナセア
917221.png


庭のリンゴもたわわに実り
IMG_1957.jpg


ズッキーニー地獄もそろそろ終わりに近づいてきてます。
IMG_1756.jpg

だいぶ食べ飽きてきたので、ズッキーニーブレッド
IMG_1751.jpg

卵と小麦ととズッキーニーと油で簡単です。
ウォールナッツ入れると美味しいよ。
IMG_1752.jpg

ズッキーニーは、お花も食べれます。
夏になると、ファーマーズマーケットで売られたりします。
917222.png

わたしも以前、お花食べてみました。
DSCF9648.jpg


洗って、中に具(じゃがいもとミンチ肉)を入れて
オーブンで焼きます。
DSCF9650.jpg

なかなか美味しかったです。
花は特に味はしないけど、なんかお花食べるっていいじゃないですか。
可愛い。
DSCF9653.jpg


そろそろ秋の気配を感じるシアトルです。
懐かしいハチくん
IMG_7375.jpg

| 季節 | 03:30 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キャンプの旅。Deception Pass State Park

シアトル 曇りのち晴れ harekumor_2022090422243214b.png 24℃/ 14℃

アメリカは、「レイバーズ・ウィークエンド(労働者の日)」で連休でした。
近場でキャンプしてきました。

車で北へ一時間半。
海岸沿いのキャンプ場。
IMG_1763.jpg


州立キャンプ場なので、設備が立派。
野外シアターがあり、毎夜、パークレンジャーがお話します。
IMG_1771.jpg


義理兄夫婦と合同キャンプ。
IMG_1772_2022090422452781b.jpg


義理姉は、韓国人なのでーーーー
夕食は「ブルコギ」。うーーん!!うまい!!
IMG_1773.jpg


水平線に沈む夕日がとっても綺麗でした。
IMG_1799.jpg

IMG_1896.jpg

IMG_1804.jpg


今年は、ワシントン州は山火事が比較的少ないようなので
キャンプ場は火をおこしてもいいとのことで、、、

キャンプファイヤー
IMG_1817.jpg

次の日の朝。
いつも午前中は、海からの霧で煙るのです。
IMG_1874.jpg

朝は、10℃前後なので、寒い寒い。
IMG_1833.jpg

IMG_1825.jpg

ワシントン州沿岸は、小さい島々がたくさんあって
日本の松島のように美しい景色が見られます。
(松島行ったことないけど)

日本っぽいでしょ?
IMG_1887.jpg



IMG_1881.jpg

IMG_1882.jpg

IMG_1895_20220904230827fbe.jpg


樹齢850年のダグラス・ファー
盆栽みたいでかっくいー。
IMG_1840_202209042310248f3.jpg

綺麗な自然を少しでも残せるよう、欲をなるべく
出さないように日々生活したいなぁと
思うキャンプでした。

| キャンプ | 23:19 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最近の事

シアトル 曇りのち晴れ harekumor_20220814044216877.png 25℃/15℃

金曜日は綺麗な満月でしたね。
813221.png


テンニンギクが爽やかなシアトルの空に向かって咲いています。
IMG_1718.jpg

IMG_1720.jpg


カンパニュラ
本当はキキョウが欲しいけど、こっちの方がほったらかしで咲くのです。
IMG_1460_20220814051858514.jpg


やっと姉から送ってもらった「干支コースター」を仕上げた。
少しづつ時間ある時にやって2年もかかった。
IMG_1348.jpg


でもこの動物コースター、なんか病みつきになる(2.3日でできるので達成感あり)
IMG_1343.jpg


と、いうことで「あたしの思い出コースター」を作る事にした。
まずは、アラスカの思い出「ヘラジカ」
IMG_1732.jpg

自分で、図案や色合わせを考えているとワクワクします。
次は、アリゾナのサボテンにしよーかなー。


今は、こんな本読んでます。
IMG_1733.jpg

著者は、心理学者のアメリカ人女性。
70歳で、同年齢の悩みや心情、生活の変化などを
紹介しています。


まぁ、外国でもみんな年齢を重ねると悩みも同じですね。
子供や孫も離れていってしまって寂しいとか
病気を通しての人間関係や友人、配偶者、家族との問題。

この本を読んでいて、年を重ねると行動範囲も狭まってくるので
自分で自分をいかに楽しませるかというような
能力が必要なんだなと感じました。

勿論、家族、友人関係もとても大切だという事も。


    

    ~ほったらかし農園便り~

今、キュウリ地獄です。
今年は、トマト、ダメですねー。
IMG_1721.jpg

| 手芸 | 05:46 | comments:10 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アラスカ・アンカレッジの旅6

アラスカ・アンカレッジ 雨 rain_20220722055555ee9.jpg 15℃/ 12℃

まぁ、、、毎日雨ばっかりです。

でも、ヘラジカ親子見れたし、姪っ子にもお祝い渡したし
満足してましたが、義理兄が雨ばかりでどこへも行けないので
不憫に思ったのか、観光地に連れて行ってくれました。

車でちょっと走ると、まだ雪が残る山々が見えてきました。
IMG_1661.jpg

7月なのに凄いね、アラスカ。
IMG_1662.jpg

それでも、溶けているらしく、滝が無数に見えます。
IMG_1660.jpg

観光地 ワイルドライフセンター
まぁ、、クマ牧場みたいなの。
IMG_1656.jpg

たくさんの観光客は来てましたよ。雨でも。
IMG_1649.jpg



お馴染み、ブラックベアー。
IMG_1648.jpg

アラスカで見られる動物が一度に見られる
公園施設?
ヘラジカのオス
IMG_1654.jpg

もう、野生の見ちゃったからね、、あんまり心弾まないわぁ。

綺麗な氷河がみられる所へも連れて行ってもらったんですが
この天気。
IMG_1655.jpg

氷河も見えないなぁ(笑)
IMG_1658.jpg

晴れていればこんな感じ。
IMG_1657.jpg

でも年々、やっぱり氷河は解けているそうです。

義理お兄ちゃん、ありがとう。
アラスカ、ちょっと堪能しました。
忙しい中、案内してくれてありがとう。

お土産にトナカイのソーセージを買って帰路へと着きました。
IMG_1685.jpg

| 旅行 | 02:35 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アラスカ・アンカレッジの旅・5

アンカレッジ 雨 rain_20220722055555ee9.jpg 16℃/12℃

さて、アラスカの旅ですが、旅じゃない。
結婚式に参列するつもりでいた旅なので、観光などの
計画は全くしていなかったのです。

せっかくアラスカに来たのだから、思いっきりキャンプとか
ハイキングとかして大自然を旅したい気分ですが
所々に夫の親戚や姪っ子などと会食などの予定はあるので
あんまりどこへも行けない、、、。

バードウォッチングもしたいなぁ、、、
なんたって野生のヘラジカも見たいなぁ、、、

義理兄は「ラッキーだったら、近くの雑木林でも見れるかも」と
言う。
ヘラジカ、、見たい。

こんなの。さすがにこれは無理?(笑)
IMG_1667.jpg


今日は、朝は雨が止むような事を言っていたので
車を借りて、30分ほどにある湿地帯のある自然公園へ行ってみました。
ここは、野鳥やカモが見れる有名な所。
なんかいるかな。
IMG_1529.jpg

木製遊歩道があって綺麗な自然公園。
IMG_1528.jpg

あっ!
オオキアシシギ
IMG_1559_202207250449105d0.jpg

観光は、計画してないと言ってますが
望遠鏡は持ってきた。
野生王国だしね。
IMG_1599.jpg

ゆっくり回りを見渡してると、すぐ横っちょでガサガサする音。
ビーバーか?
と、下へ目をやると、、、、

あっ (゚д゚)

あっーーーーーーーー!!!!!


ヘラジカのお母さんと赤ちゃん!
IMG_1504.jpg

なんと! o(≧ω≦)o
IMG_1516.jpg

ヘラジカは、他の鹿と違って気が荒いので、静かに息を殺して見守ってました。
IMG_1523.jpg

湿地の中に育つ、草や柳を食べます。
時々、赤ちゃんがお乳をねだりに行ったりと
なんとも穏やかな姿を見せてくれました。
IMG_1524.jpg

はぁーーーーっ、夢のような経験。
IMG_1526.jpg

私たちに気がついていたものの、驚く様子もなく
少しづつ草を食べながら移動して行きました。
IMG_1525.jpg


動画も撮ってみた。

| 旅行 | 05:30 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT