PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アメリカの格差社会

シアトル 曇りのち晴れ harekumor.png 13℃/ 6℃

ゆっくりと春の訪れを待つシアトルです。
327211.png

庭いっぱいヒメオドリコソウが咲き始めました。
雑草だけど、可愛いから好き。
IMG_9732.jpg

昨年植えたパンジーもネズミに喰われたり、雪に埋もれたりしたけど
復活してきました。
IMG_9728.jpg

チューリップのつぼみも見えてきた!ヽ(≧∀≦)ノ
IMG_9733.jpg

日本は、もう桜が咲き始めて春本番のようですね。
今年のお花見はどうなんでしょう、、、。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、今回はシアトルの違う一面を紹介しようと思います。

まぁ、ブログなのでいつも綺麗な物や綺麗なシアトルを紹介しているの
ですが、綺麗でないシアトルも紹介しておこうと思いました。

シアトルは、以前は地味で小さい地方都市でしたが、マイクロソフトやスターバックス
アマゾンと大きな会社が設立され、瞬く間に開発された大きな街へと
変わってきました。

アメリカの中でも安全な街でしたし、治安の悪い場所にさえ
行かなければ、日本にいる時の感覚で生活する事もできました。

しかし、2016年辺りのバブル経済が始まった頃から
ホームレスの数が一気に増え始め、大きな社会問題となってます。(今も)

高速道路の脇などにテントを張って住むホームレスが
目立つようになってきたのが、2017年ごろ。
h2.png

どんどん数が増えてゆき、空き地や公園にも溢れかえるようになってきました。
h6.png

シアトル市内の公園にもテントが見られるようになってきたのが
2018年ぐらいかな。
h5.png

アメリカのホームレスのほとんどは、ドラッグ中毒者や精神障碍者と言われています。
市は、ホームレス援助政策で小さい家を作って小さい村みたいなのを
作ってますが、そこに住むには勿論ルールがありドラッグなどの問題が
ある人は、ルールに従って生活できなくテント生活となります。
h4.png

わたしは、仕事でシアトル市内を車で走っていますが、車からテントが目に
つくようになったり、スーパーマーケットの裏にテントが張ってあったり
するようになってきました。
h3.png

ホームレスによる火事も毎年多くなってきています。
薬の為に火を使うのか、調理や暖を取るために火を使うのか
わかりませんが、高速道路の脇の火事も多くなってきました。
h7.png
h8.png


治安も以前に比べて悪くなってきています。
メールボックス荒らし(クレジットカードや小切手を盗む)も頻繁に
見られるようになってきました。
今は、鍵付きメールボックスにしているご近所。(うちも)
mmm.png


仕事中でも、貴重品は車の中に置いておかない。
仕事の道具も自分の見える場所に置いておく。
スーパーのトイレも多くが、番号コード付き(番号を押して中へ入る)。
大きな道路沿いに売春婦のような女性も目につくようになりました。
など、いろいろ事情も変わってきました。

どうやら、他の州の街も同じような問題を抱えているところがあり
どこも「バブル経済」が引き金にもなっているようです。

バブルにより、住宅の値段があがりそれによって
IT関係以外の仕事は、それほど給料も上がらず
路上へと投げ出されてしまう人が多いと言われています。

2020年では、シアトルの平均住宅価格は、$778,500(約8千万円)
アパートは、$1,928(約20万円)たぶん1ベッドルーム。

でも、サンフランシスコはもっと凄いらしいです。
普通の所得じゃ住めない街になってます。

と、まぁ、シアトルと言えばアマゾンを初めとするキラキラした
トレンディーな街を連想しますが、その陰でこうゆう問題も
あるということなのです。

もし、ご興味のある方はドキュメンタリーもありますので
英語ですが見てみてください。
これが、アメリカ格差の現実です。

| 時事 | 07:52 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

このドキュメンタリー見ました。シアトルがきれいで安全な時期を知っているので余計に悲しいしガッカリです。I-5を南にドライブして行くと嫌でも目に入るゴミの山。よっぽどの事がない限りシアトルに行くのは避けています。他州や日本から来る友人をシアトル観光に連れて行くのも気が引けます。
これからリーダーが替わっても、この問題は時間とお金がかかるでしょう。南アメリカからの移民も増えていくと思います。旦那は州外に引っ越したいと言っています。地価もたっかいですしね。

| チャチャ丸 | 2021/03/29 12:42 | URI |

はちみつさんの過ごす自然がいっぱいの素敵なシアトル、
でもこういう現実の格差もあるのですね。
初めから貧しかったのではなく、何かの理由で普段の生活を失い
心も落ちて。。。悲しい姿になっているのでしょうか。

大都会東京にも、ビルの影や河ぞいに
家の無い人々がごみのようなテントを張って住んでいるところは
少なくないと思います。
温暖なうちの地域でも、2,3年前まではビニール袋を着たひとが歩いていたり、
土手にゴザをかぶって暮らす人がいました。
なぜか、ここ数年で一人もいなくなってしまいました。

行政は、ホームレスの人に声をかけて、生活保護で暮らす提案を
しているようですが
本人がいやだと思うようです。
日本のホームレスの人は、地方から冬だけの出稼ぎに来て
お金を使ってしまって田舎にかえれなくなったとか
精神的に仕事に不適合でどこへ行っても働かせてもらえなかったとか
そういうケースがかなりあるようで。
ドラッグのせいでホームレスになる人は多くないかも。
第一、お金がなくてはドラッグ買えませんからね。

ちょっとしたつまずきから、同じ人間なのに
こういう生活に落ちてしまう。。。
これは、世界中にある現実かも。

| ヨモギ | 2021/03/29 19:26 | URI | ≫ EDIT

チャチャ丸さん
このドキュメンタリー見ましたかー。
KOMOは、ホームレスのニュース、よく取り上げてますよね。
わたしもまだ地味な地方都市の頃を知っているので
この変わりように驚いています。地価が恐ろしい、、。
サンフランシスコみたいになってしまうのでしょうか、、。
まだまだ他州からも移住者が増えているようですし。
どうなってゆくんでしょうね、、、。

ヨモギさん
まぁ、どこもいいとこ、悪いとこがありますが
シアトルの近年の開発と変わりようが凄いです。
ホームレスの人は、何が根底にあるのかまだわからない
ですが、経済問題だけじゃなさそうです。
友人で子供の養子をした子がいて、その前にいろいろ
クラスを受けたりした中で、路上生活者や犯罪に手を染める
人は、ほとんどが親から放棄された人が多いそうです。
州や宗教によって中絶もできない所もありますし
親が中毒者という事もありますし、複雑な問題が重なっているようです。
そうですか、日本にもやはり一定数のホームレスの人はいるんですよね。でもドラッグ中毒者は少ないですよね。
こちらは、盗みをして、その物を中古品販売者に売ってお金を得てドラッグを買うという感じだそうです。最近では、車のブレーキの一部を切って(駐車してある車から)売るというのが
流行っているようです。
どうなんでしょう、、機械化や合理化によって仕事がなくなって社会のシステムから落ちてしまうのが問題なんでしょうか、、。アメリカはコミュニティーの崩壊もありますからね。

| はちみつ | 2021/03/30 22:43 | URI |

いつもブログで紹介されている綺麗な街のイメージだった
シアトルの意外な一面を知り、驚きを隠せません。
番組のタイトルがまさに…
平和な日本で暮らしている私には恐怖を感じます。
そんな中でお仕事されてるはちみつさん、大変なんですね(>_<)
ドラッグ…日本でも若い人の間で急速に増えてきています。
最近では田舎の学生でも簡単に買えてしまえるようで、
怖いなと思います。
先日、こちらの方で大麻を栽培していた人が捕まりました。
身近にそういう人がいたことに驚くと共に、経済不況に
追い討ちをかけたコロナで今後日本でも犯罪が増えていく
のではないかと危惧しています。
なんとか世の中が落ち着いて平和な日々を送れることを
願うばかりですね。

| すべママ | 2021/03/31 01:14 | URI |

すべママさん
どうしてもブログやテレビ番組でも海外の綺麗な所しか
写さない事が多いですよね。
どこの都市でもこうゆう問題はあると思います。
怖いばかりじゃないですけどね。綺麗な場所と汚い場所が
混在しているという感じでしょうか。
まぁ、日本は安全な国一番ですから、平和ボケにならないように
わたしも気をつけてます。そうですか、日本もすこしづつ
変わってきているかもしれませんね。なんとか安全な環境を維持していってほしいです。安全はとても大きな資産だと思います。

| はちみつ | 2021/03/31 23:15 | URI |

そうなんですね~

シアトルって自然もあって大企業もあって
とても暮らしやすいところってイメージですが
どこも裏表があるのはしょうがないのでしょうか。

私の住む地域も何年前かまでは
駅のコンコース等に段ボールの家があって
浮浪者がたくさんいました。
一掃作戦で今は誰もいなくなって
都会に行ったのかもしれませんね。
雪国では冬が辛いですから。。。

昨日花見に行ったときも
宴会をしてはいけない場所でバーベキューして
音楽かけて大騒ぎしている家族がいました。
この時代にするのか~って思ったけど
もう我慢できない人がたくさんいるようです。
地方でも感染が広がってきているので
いつも以上に気を付けてマスク手洗い徹底してます!
日本も完全に安全な環境ではなくなってきているのかな~。
お互いに穏やかに暮らしていけるといいですね。

| ゆこぴ | 2021/04/04 12:06 | URI | ≫ EDIT

ゆこぴさん
そうですね、テレビなどでは綺麗な海外しか写さない傾向が
あるので、どうしてもそうゆうイメージが先行してしまいますね。
そうですか、、さぶちゃん地方でもそうゆうのあったんですね。
そうですか、お花見みんなしたいですものね。
でもこのパンデミックでひとつ日本の強い所が証明された
のは、海外よりも暴動や奪略などがない(たぶん)という強さですよね。
これって全然評価されていないようですけど、凄い事なんですよ。きっと今まで大きな自然災害があってその中で力を合わせて生き残るという術をちゃんと学んできたという証拠なんだと
わたしは思います。

| はちみつ | 2021/04/06 01:23 | URI |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT