| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今年最後のキャンプ~ロングビーチ3~

シアトル 雨 雷 ひょう    15℃/ 10℃ 

昨日は、雷に雨でひょうまで降りました。
1011201.png

さて、旅の話の続きです。


クマに遭遇後、なんとか目的地の自然保護区に到着。
綺麗な景色を前に、夫とわたしの頭の中は、、、、
クマでいっぱい。(笑)
IMG_7698.jpg

トレイルは、森を抜けて砂浜までの3キロほどの軽いハイキングコース
ク、クマ、、大丈夫かな、、
なんかこのトレイルの名前も「ベアーベリートレイル」だしな、、、
IMG_7701.jpg

なるべく、大きな声で音を出しながらのハイキング。
まぁ、運はよくない方なので一日に2回もクマを見るなんて
運はないでしょう、、、と無理やり考えたり。

でも、道中、「これ!どう見ても、クマのフンやんなー!!」ってのも
あり、速足だったのが、更に速足で歩く。
IMG_7725.jpg


やっと森を抜けて海に近づいた景色になりました。
IMG_7727.jpg

浜に付いた。ほっ。よかった、クマ見なくて。
IMG_7784.jpg


さぁ、渡り鳥いるかしらぁ。

あっ!
IMG_7801.jpg


ユキチドリ!
IMG_7810.jpg

そっかぁ。
ここは、雪千鳥の繁殖地でもあります。
「ここから入ってはダメ!(巣があるから)」のサインがありました。
IMG_7868.jpg

波打ち際にいっぱいいましたよ。
IMG_7853.jpg

よく見てると、カニをめぐって争いも。
1011203.png

1011204.png

1011205.png


波が来るたびに「わーーっ」と逃げる様もおもしろい
1011206.png

1011207.png

雪千鳥は、渡りません。
ここにずっと留まって繁殖しています。
ここ数年、数も減ってきているみたいで砂浜の繁殖地は
立ち入り禁止です。

あぁ、繁殖の時、来たいなぁ。
こんなかわいい赤ちゃん見たいなぁ。
凄いね、ウズラの卵ふたつくっつけたみたいですね。(*´艸`*)
1011208.png

残念ながら、他の渡り鳥は見なかったけど
雪千鳥は、近寄ってもあんまり逃げないのでゆっくり見れました。
IMG_7826.jpg

さぁ、またここから歩いて駐車場へ戻ります。
IMG_7866.jpg

邪道ですが、帰りにスーパーに寄って、冷凍のアサリを買って
キャンプ場で料理しました。
IMG_7902.jpg

潮干狩りは、できなかったけど
まぁ、それらしき気分も味わいました。
IMG_7903.jpg

お天気にも恵まれて、野生動物にも出会えてΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
日本にもつながっている太平洋を眺められてよかったです。


地球のパワーを感じられたらと思って少しですが、ビデオ回しました。
この大きな海が皆さんのいる日本にもつながってるんだなー。

capedisappointment.mp4

| キャンプ | 08:41 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年最後のキャンプ~ロングビーチ2~

シアトル 雨  14℃/ 10℃

日の出7時20分、日の入り18時30分
アメリカは、月曜日がコロンブス・デーにて3連休。


暗い朝、午前8時のシアトル
1010201.png

さて、キャンプの話の続きです。

今回のキャンプの目的は、「渡り鳥を見る」です。
今は渡りの季節。アラスカからメキシコへ南下
する時期で、ワシントン州沿岸に一時休憩で留まります。

自然保護区内のトレイルを歩いて、砂浜まで行くコース。
ここ、ロングビーチは「砂州」(関西だったら、天橋立?関東は沖ノ島?)で山から少し離れているので
いつもの「熊!危険!」の恐怖から気を抜ける場所でもあり
熊ベル、熊スプレーは持って来てません。
1010202.png


ロングビーチは、オイスター(カキ)が有名でもあるので
ちょっと買ってキャンプファイヤーでグリルでも、、と
思ったら、あぁ、、店閉まってた。
IMG_7870.jpg

まぁ、いいや、あんまりカキ好きじゃないので。

さぁ、目的地を目指そう。

道中、閑静な住宅街でちょっと道に迷ってしまいました。
高齢の方がたくさん犬連れて朝散歩していたので
道を聞こうかなぁ、、と思いながらグルグル車を走らせていたら、、、

あ、、なんか大きな犬、、。(´・Д・)」
あの人に聞こうかなぁ、、
1010203.png

(゚д゚)

IMG_7692.jpg

((((;゚Д゚)))))))

クマ―ーーーーーッ

キャー、キャー、キャー!!
クマ、歩いてる。うわぁ、こっちくるー!(。Д゚; 三 ;゚Д゚)

キャー――。
IMG_7693.jpg

クマもこっちに気が付いたみたいで、ちょっとパニック。
道路で一瞬、見つめ合って
クマ、繁みの中へ、、、、
IMG_7694.jpg

Σ(゚□゚(゚□゚*)

夫とわたし。道の真ん中で放心状態。

クマいるやん!
めっちゃいるやん!

ええーーーっ!
今から、森をハイキング。
クマベル持ってきてないで。
スプレーも全部置いてきたやん!

ええーーーっ!!

この後、頭の中でこの歌がグルグル回ってました。

♪ある~ひ 森のなか~
クマさんに~出会ったぁ~♪
ララララ~♪ キャ━━━d(○`□´○)b━━━!!

まだまだ、続きます。

| キャンプ | 02:15 | comments:3 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

今年最後のキャンプ~ロングビーチ1~

シアトル 曇り  18℃/ 13℃

あっ

と、いう間に10月に入ってました。

シアトルは、もうすぐ太陽が出ない暗い冬に突入して
しまうので、今年最後のキャンプへ行って来ました。
太平洋湾岸のケープ・ディスアポイントメント国定公園。

10年前ぐらいにもハチとキャンプへ行ってます。
過去の写真を見ながら、「はぁ、、ハチといっぱいキャンプ行ったなー」と
またため息です。

ハチとキャンプした所、印つけてみました。
109201.png

シアトルから車で3時間。
「ロングビーチ」と言う名の長いビーチ。
IMG_7653.jpg

今年は、みんな飛行機で旅行行けないからキャンプが大人気。
こんなシーズンオフでも、人がいましたよ。
IMG_7627.jpg

ここは、太平洋からの風をまともに受けるので
ビーチは、暴風域です。台風並みの風です。

こんな波の凄いとこで、魚を釣るお兄ちゃんもいれば、、、
IMG_7621.jpg


そんなビーチで凧揚げに挑戦するあほな中年女性。(あたし)
IMG_7889.jpg

おっとっと、、 暴風でめちゃ凧上がるけど、糸が切れそう。
IMG_7883.jpg

さて、夕暮れになり夕ご飯の支度です。

ハンモックでお休み中の夫。
IMG_7874.jpg

妻は火を起こすのです。
IMG_7670.jpg

キャンプで必ずステーキを焼く、キャンプユーチューブにハマっている夫の希望で
また、ステーキ。
IMG_7680.jpg

とにかく、風は止まない、、、凄い日でした。
夜もテントに打ち付ける風・風・風。
チベットの山でキャンプしているような気分でした。

続きます。

おまけ:
109202.png

| キャンプ | 05:46 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東ワシントン州 キャンプの旅

さて、続きの旅の話。

東ワシントン州、34℃の暑い日が続きます。(ちなみに今週ここは、38℃)

今回、ワシントン州の右端まで時間をかけて来たのは
コロナの感染が少なそうという理由ともう一つ理由があって
来ました。

この近くに夫のグランパ(おじいちゃん)の土地があります。
今は、夫の一族が所有しています。

土地と言っても建物も何もない小さい森です。

夫のおじいちゃんは、1930年代の世界大恐慌(グレート・ディプレッション)
を経験し、お金にばかり頼らない自立した生活もできるように
シアトル市内に住んでいましたが、庭に畑を作って
この土地に来ては、猟もしていました。

おじいちゃんは、学歴はなかったようですが、本をたくさん読んでいて
ミルクトラックの配達をして自分でなんでも作って生活していたようです。

夫が話す、おじいちゃんの話はなかなか興味深いです。

おじいちゃんの裏庭は芝生などではなく、果樹園と畑の庭で
夏に行くと、おばあちゃんがルバーブのアイスクリームを作って
くれたそうですが、美味しくなかったという思い出があるそうです。

時には、孫たち(夫の男3兄弟)を連れて、ミネソタ州まで
キャンプしながら旅をして、テントの設置や火のおこし方、魚の釣り方、いろんな事を
教えてくれたそうです。

そのおじいちゃんの土地をちょっと見に行きました。
わたしは、3回ほど行ってます。ハチも行った。

最後に行ったのは、もう10年以上前かな。

おじいちゃんの土地は、小高い丘にあり
所有地ラインらしき場所に車を止めて歩きます。
おじいちゃんの使ってたキャンピングカーがボロボロのまま
残ってましたが、まだあるかな?

IMG_6992.jpg

昔の道がまだ残っています。どんどん進みます。
IMG_6993.jpg

確か、この辺を右に曲がると
おじいちゃんのキャンピングカーがあったような、、、

あっ!
IMG_7001.jpg

前と変わらず、そのままありました。
IMG_7006.jpg

おじいちゃんが亡くなってもう、30年ぐらいになりますが
おじいちゃんのゴミもまだ残っています。
IMG_7004.jpg

ここに、来ては鹿や七面鳥を狩っていたそうです。

夫が、ここで一泊キャンプしたかったようですが、、
なんか新しいクマらしきの糞があったのでやめときました。

おじいちゃんのお墓はシアトルにありますが
セントジョーンズワートの黄色いお花に埋もれた
おじいちゃんのキャンピングカーにいるような
気がします。

また、来るね、おじいちゃん。
IMG_7007.jpg



道を下ってゆくと、この土地の隣に住んでいるご夫婦に
偶然会ったので、ちょっとだけポーチでお話しました。

「おぉ、久しぶりだね!覚えてるよ、前にも土地を見に
来ていて、会ったよね?どうぞ、入ってビールでもいかがかな?」と
とてもフレンドリーに招いてくれましたが、ご高齢ご夫婦だし
コロナ真っただ中だし、丁重にお断りしました。残念。

アメリカの田舎の方へ行くと、みんなとてもフレンドリーで
びっくりします。運転していて、すれ違う時も
小さく手を振ります。

この日も暑く、35℃ぐらいまで上がり
キャンプ場で水着に着替えて
湖で行水。

湖の水は冷たすぎて入れないのです。
「暑い!」「ひゃーーー!冷たい!」を
繰り返して時間を過ごしました。

次の日、シアトルへ向けてまた5時間の
車の旅です。

コロンビア川の横の大きな風力発電を
口をあんぐり開けて見ながら
帰路へとつきました。
IMG_7060.jpg

IMG_7067.jpg

| キャンプ | 07:48 | comments:9 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東ワシントン州 キャンプの旅

シアトル 晴れ  36℃ / 16℃ 

はぁ、シアトル、今日(7/27)は暑い。たぶん今年一番の暑さです。

さて、キャンプの話の続き。

朝ごはんは、キャンプストーブで作ります。
IMG_6954.jpg

いつもは、オートミールだけだったけど
今回は、ちょっと豪華。
IMG_6959.jpg

さて、ここ州立公園の醍醐味は、「ドライフォールズ」という
グランドキャニオン並みの渓谷が見られる所です。

車で15分ぐらい登って行くと、眺めのよいポイントにでます。

わぁーーー。
IMG_6973.jpg

水が流れてたらナイアガラの滝の4倍の大きさがあります。
IMG_6976.jpg

圧巻です。これ、写真じゃいまいちですが
その場に行くと凄いです。
これ、グランドキャニオンに匹敵するぐらいの渓谷だと
思いますが、あんまり有名ではないです。
ワシントン州にお住まいの方!
これ、絶対見た方がいいです!
IMG_6970.jpg

さぁ、この日のゴールは、更に東に4時間。
ケトルフォールズキャンプグランドへ行きます。

乾燥砂漠地帯を走ります。
IMG_6979.jpg

砂漠だけど、所々に大きな湖が突如現れます。
不思議な場所です。
IMG_6981.jpg

砂漠の後は、小麦畑が永遠と続きます。
この一部が日本にも輸出されるのかな。
IMG_6988.jpg

暑い暑い。
午後3時ごろ、ケトルフォールズキャンプグラウンド到着。
ここは、国立公園レクリエーションなので、国の管轄。

ここは、人が少なかったです。
暑い暑いと言いながらテント設置。この日34℃。
IMG_6989.jpg


20年使ったテントが小さかったので
今回大きめのテントを新調しました。
天井がメッシュで、星空が見えるんだぜ。
IMG_7019.jpg

松林で、影が少なく暑かったー。
IMG_7018.jpg

ここは、ほとんど野生動物見なかったです。
若い白頭鷲が近くの木にいただけ。
IMG_7044.jpg

まだ、続きます。

| キャンプ | 07:21 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT