≫ EDIT

カイツブリの求愛ダンスを求めて~その2

キャンプ地 オレゴン 晴れのち曇り harekumor.png 28℃/-6℃

さて、初日、ベンドという街のシティホテルに滞在。
駐車場でキャンプストーブ使って
お湯沸かしてレトルトキャンプフードを食べるという
「何やってんだー!」と言う事態になりました。

次の日、目指すマルフィア野生保護地区のキャンプ場も怪しくなってきたので
朝7時に出発。

マルフィア野生保護地区は、オレゴン州の南東に位置し
昔のままの自然が残っている場所なので
人もほとんど行かない所です。
IMG_0063.jpg

13年前に行った時は、キャンプしている人は2組ぐらいでしたが
このコロナ禍で状況が変わっているかもしれない。
とにかく、車を走らせました。
(*電話して聞けば?という疑問があるかと思いますが
昨今、アメリカのサービスは全てデジタル化しており、人が対応
するサービスはほとんどなくなりました。ネットを通じてのサービスが主です。)

ただただ道一本が続くだけ、空が広い。
IMG_0051.jpg

お昼ごろに保護地区へ到着。
IMG_0068.jpg

グルっとキャンプ場を回って、30ある中で2~3個だけ空いてました。
もう、これでもびっくりです。
こんな奥地にもキャンパーが押し寄せているなんて、、、。

なんとかテントを設置。
IMG_0073.jpg

あー、よかったーよかったーと
ほっとした束の間。

何気なくカバンを持った瞬間

ガチンッ

ん?と下を見たら、、、、、

あーーーーっ!!!カメラ落としたーーっ!

まさに、これが「泣きっ面に蜂」というのでしょうか。

余分の電池も買って、余分のメモリーカードも買って
準備万端にしたのにカメラが動かなくなってしまいました。
再びΩ\ζ°)チーン

さらにつづく。

| キャンプ | 04:36 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カイツブリの求愛ダンスを求めて~その1

シアトル 曇りのち晴れ harekumor.png 14℃/ 8℃


キャンプに行ってました。

植木屋の一番忙しい時期に休んでキャンプなんて
口が裂けても先輩庭師さんには言えない。

でも、この時期にしか見れない「カイツブリの求愛ダンス」を探しに行ってきました。
ワシントン州からオレゴン州、ネバダ州を抜けてカリフォルニア州
4つの州の6泊7日の旅です。
地図

オレゴン州東部の5月はまだ寒く、夜は0度前後になるので、ホットテントも持参で
挑戦です。
毎日毎日、「コロナ感染、ワクチン打て」のニュースでほんと
ストレスが溜まるので、一気に発散してきました。
都会を車で走り抜け
IMG_0001.jpg

カスケード山脈を抜けると、、、
そこは、砂漠地帯です。
IMG_0008.jpg

オレゴン州東部は、砂漠地帯になっており4月から5月にかけては
ワイルドフラワーが一気に咲き始めます。

アローリーフバルサムルートという花が丘を埋め尽くします。
IMG_0038.jpg

ひまわりに似た花で力強く、強風にも負けず山肌にしっかり張り付いて
咲いています。
IMG_0034.jpg

IMG_0025.jpg

元気が出そうな黄色い大きな花を咲かせます
IMG_0022.jpg

ワイルドフラワーを堪能して、さて、今夜のキャンプ地にやっと到着したと
思ったらなんとそこで待っていたのは、、、

まさかの満員
(キャンプ場が)

えっ!
まだ5月の一週目です。
本来は、誰もいないはずのキャンプ場。

そうです、コロナで行き場を失った人々が
シーズンオフにも拘わらず、キャンプに殺到しているのです。

あー、まさかーまさかー。
8時間の運転で疲れ切ってしまって
他のキャンプ場を探す力が残っておらず
ホテルで1泊となりました。Ω\ζ°)チーン

通常は、まだキャンプシーズンに入ってないので
人はいないはずなのですが、コロナの影響で
みんなキャンプに殺到している模様です。

あーーーっ、この後のマルフィア保護地区のキャンプ場も
いっぱいだったらどーしよー!!

初日からの大失敗です。

つづく~。

| キャンプ | 07:29 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新しい訪問者

シアトル 曇りのち晴れ harekumor.png 15℃/8℃


昨日は良いお天気で、仕事中、大きな白頭わしが頭上を
旋回してました。
427211.png


わたしのチューリップがやっと咲きました!
IMG_9983.jpg

チューリップっていいですね。
長い過程があるからいい!

去年の秋に球根を植えて
寒い冬の間は、ほんとに出てくるかな?と思ったり。
早春、ちょっとづつ芽が伸びてきてつぼみが伸びてくると
ワクワクしますね。

シアトルも、今は、町中花盛りです。
まだ桜も咲いてます。
IMG_9921.jpg

八重
IMG_9860.jpg

アネモネ
IMG_9896.jpg

今朝、夫が「来て!新しい庭の訪問者だよ!」と言ってきたので
「誰や?」と裏庭を覗いて見たら、、、

あっ!
IMG_9991.jpg

裏庭に小さい小さい池があるんです。(2メートルぐらいの)
まさか!
そこにマガモ夫婦が移住してきました。(笑)
IMG_9993.jpg

掃除してなかったので、中は藻がいっぱいですが
奥さん、一生懸命潜って、藻、喰ってました。(笑)

気に入ったかしら?
なんなら、巣作って子育てしてもいいですよ。

「どうしよう、、、」
IMG_9986.jpg


おまけ: コロナ情報

もうわたしの周りは、結構ワクチン接種が終わってるようです。
でも、みんなに聞くと、特に女性は副作用があるようですね。
今いろいろ勉強中。
徳島大学の大橋真先生の説明がわかりやすいです。PCR検査の事、ウイルスの事、ワクチンの事。
この先生の動画、、なぜか、、どんどんユーチューブから消されてるんですよー。


| 動物 | 05:02 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サクラサイタ

シアトル 曇り時々晴れ harekumor.png 11℃/ 5℃


シアトルのソメイヨシノが咲きましたよ。
IMG_9802.jpg

いつもの大学キャンパス内にあるソメイヨシノ。
去年は、コロナが怖くて行かなかったけど
今年は、朝早くに見に行ってきました。
IMG_9783.jpg

朝早くても、結構人がいました。
そして、なぜかほとんどが「アジア系」(笑)
IMG_9778.jpg

柴犬くんもいましたよ。
IMG_9785.jpg

あー、やっぱり桜はいいですねー。
気持ちがほわっと元気になる感じ。
IMG_9801.jpg

みんなの心を包んでくれるような
サクラの力ってすごいですね。
IMG_9807.jpg

去年は大変な年だったけど、桜は毎年綺麗に咲くから凄いね。
IMG_9800.jpg

来年もみんなが平和でこの桜を楽しめますように!
IMG_9799.jpg


ハチとも毎年、毎年、飽きずに見に行きました。
つきあってくれる夫にも感謝。
2016.png


大学内の桜のライブカメラもあります。

| 季節 | 01:17 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アメリカの格差社会

シアトル 曇りのち晴れ harekumor.png 13℃/ 6℃

ゆっくりと春の訪れを待つシアトルです。
327211.png

庭いっぱいヒメオドリコソウが咲き始めました。
雑草だけど、可愛いから好き。
IMG_9732.jpg

昨年植えたパンジーもネズミに喰われたり、雪に埋もれたりしたけど
復活してきました。
IMG_9728.jpg

チューリップのつぼみも見えてきた!ヽ(≧∀≦)ノ
IMG_9733.jpg

日本は、もう桜が咲き始めて春本番のようですね。
今年のお花見はどうなんでしょう、、、。


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

さて、今回はシアトルの違う一面を紹介しようと思います。

まぁ、ブログなのでいつも綺麗な物や綺麗なシアトルを紹介しているの
ですが、綺麗でないシアトルも紹介しておこうと思いました。

シアトルは、以前は地味で小さい地方都市でしたが、マイクロソフトやスターバックス
アマゾンと大きな会社が設立され、瞬く間に開発された大きな街へと
変わってきました。

アメリカの中でも安全な街でしたし、治安の悪い場所にさえ
行かなければ、日本にいる時の感覚で生活する事もできました。

しかし、2016年辺りのバブル経済が始まった頃から
ホームレスの数が一気に増え始め、大きな社会問題となってます。(今も)

高速道路の脇などにテントを張って住むホームレスが
目立つようになってきたのが、2017年ごろ。
h2.png

どんどん数が増えてゆき、空き地や公園にも溢れかえるようになってきました。
h6.png

シアトル市内の公園にもテントが見られるようになってきたのが
2018年ぐらいかな。
h5.png

アメリカのホームレスのほとんどは、ドラッグ中毒者や精神障碍者と言われています。
市は、ホームレス援助政策で小さい家を作って小さい村みたいなのを
作ってますが、そこに住むには勿論ルールがありドラッグなどの問題が
ある人は、ルールに従って生活できなくテント生活となります。
h4.png

わたしは、仕事でシアトル市内を車で走っていますが、車からテントが目に
つくようになったり、スーパーマーケットの裏にテントが張ってあったり
するようになってきました。
h3.png

ホームレスによる火事も毎年多くなってきています。
薬の為に火を使うのか、調理や暖を取るために火を使うのか
わかりませんが、高速道路の脇の火事も多くなってきました。
h7.png
h8.png


治安も以前に比べて悪くなってきています。
メールボックス荒らし(クレジットカードや小切手を盗む)も頻繁に
見られるようになってきました。
今は、鍵付きメールボックスにしているご近所。(うちも)
mmm.png


仕事中でも、貴重品は車の中に置いておかない。
仕事の道具も自分の見える場所に置いておく。
スーパーのトイレも多くが、番号コード付き(番号を押して中へ入る)。
大きな道路沿いに売春婦のような女性も目につくようになりました。
など、いろいろ事情も変わってきました。

どうやら、他の州の街も同じような問題を抱えているところがあり
どこも「バブル経済」が引き金にもなっているようです。

バブルにより、住宅の値段があがりそれによって
IT関係以外の仕事は、それほど給料も上がらず
路上へと投げ出されてしまう人が多いと言われています。

2020年では、シアトルの平均住宅価格は、$778,500(約8千万円)
アパートは、$1,928(約20万円)たぶん1ベッドルーム。

でも、サンフランシスコはもっと凄いらしいです。
普通の所得じゃ住めない街になってます。

と、まぁ、シアトルと言えばアマゾンを初めとするキラキラした
トレンディーな街を連想しますが、その陰でこうゆう問題も
あるということなのです。

もし、ご興味のある方はドキュメンタリーもありますので
英語ですが見てみてください。
これが、アメリカ格差の現実です。

| 時事 | 07:52 | comments:7 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT