≫ EDIT

ダンジネス砂嘴 ~義兄夫婦とのキャンプ~後編

スクイム 曇り時々晴れ harekumor.png 20℃/ 10℃

さて、夕食が終わりデザートも終わり、夕日を見に少し歩きました。
今日はお天気がよかったので、オレンジに染まる空を眺め
日常から離れられた時間を過ごしました。
IMG_0624.jpg

さぁ、義姉は今晩、眠れるかしらぁ、、、(笑)


朝です。
「寒くてあんまり眠れなかったぁー」とか
「トイレに行きたかったけど、ずっと我慢してたのー」とか
そんな話しながら、朝食を取っているとお馴染み
「キャンプ場鹿、登場」
IMG_0633.jpg

義姉が鹿の写真30枚ぐらい撮ってました。Σ(゚Θ゚)
まぁ、可愛いけど。

この日、一応バードウォッチングしてみる?と誘って
再び、海岸へ。

しかし、義兄も義姉も全く鳥には興味なし。
あはは、、まぁ、わかる。
あたしも、スポーツ観戦には興味ないからねー。

全くバードウォッチングに興味ない義兄(笑)

917214.png

あんまり、あちこち行きたくないようなので
キャンプ場でおしゃべりしたり、近くを歩いたりで
時間を過ごしました。

帰りのフェリー待ちの間、アイスクリームを買って食べたり。
なかなか他の人とキャンプするって面白かったです。
IMG_0690.jpg

まぁ、日常いつも「コロナ、コロナ」なので
一瞬でも忘れられる時間を持つというのは、大事だなと思いました。


おまけ: ここのキャンプ場はハチと何回も来ました。

2010年9月
917218.png

917217.png

| キャンプ | 08:06 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダンジネス砂嘴 ~義兄夫婦とのキャンプ~前編

シアトル 曇りのち雨 rain.jpg 17℃/ 13℃

ショートキャンプしてきました。

シアトルから車とフェリーで約2時間。
ダンジネス砂嘴(さし)。砂州じゃないんですね。

917212.png

オリンピック半島の北部に突き出た砂嘴。
917213.png

今回のキャンプは、キャンプに行った事のない義兄夫婦とのキャンプです。
義兄夫婦は、アウトドアーには興味ないんだけど、最近娘さんがキャンプに狂っていて
道具は一式あるから「どっか連れてって!」との要望があり行ってきました。

義理姉は、韓国人なのでいろいろ話しやすくて面白いです。
外で寝るとか嫌いらしいですが、まぁ、、挑戦するそうです。(笑)
フェリーでは一応マスク。
917216.png

車で2時間ぐらいで到着。ちかっ!!
早速、テントを設営。

IMG_0585.jpg

娘さんから借りてきたテント。
なんと5人用!なんかでかい!
917215.png

ひと段落したので、では、歩いて砂嘴(さし)の浜辺まで歩きましょう。
少し歩いて行くと、、、

IMG_0588.jpg

遥か向こうに灯台がありますが、そこまで8.8キロもあるので
ほとんどの人はギブアップ。
IMG_0593.jpg

この日は、お天気がよかったので潮風が気持ちいい。
IMG_0594.jpg

IMG_0600.jpg

キャンプ場に戻って、夕食まで時間があるということで
なんと、カードゲーム。
へー、キャンプでゲームなんかしたことないわぁぁぁ
「ファイブクラウンズ」というゲーム教えてもらいました。
若い子らでよくやるらしいです。へー。
IMG_0613.jpg

さぁ、お腹が空いてきたのでそろそろ夕食の準備。
わたしは、いつもキャンプはインスタントキャンプ飯(お湯注ぐだけ)で
済ましてますが、さて、初めてキャンプの義理姉はどんなお品書きでしょうか、、、

と、思ったらなんとキムチ!えーーーっ!
IMG_0615.jpg

「ご飯、炊くわよ」と義理姉。わーーーっ、飯盒炊爨?
IMG_0614.jpg

極めつけは、「ブルコギ」!(韓国風肉炒め)
IMG_0618.jpg
 
ステーキ焼いたりして、なんともまぁ、豪華な夕食となりました。
IMG_0619.jpg

しかし、現在西海岸は「山火事」がまだあって
どのキャンプ場もキャンファイヤー禁止でした。

「えーー、焚火のできないキャンプなんて、、、」と
思っていたら、夫がプロパンガスで点火するガスストーブを
ちゃっかり買ってました。

もー、また無駄遣いしてーと言おうと思ったけど
夜はかなり寒かったので、これ、とっても重宝しました。

勿論、アメリカキャンプに欠かせない「スモア」(マシュマロを溶かしてチョコを挟むクラッカー)
もできました。
IMG_0620.jpg

後編へ続く。

| キャンプ | 07:41 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏の終わり

シアトル 曇りのち晴れ harekumor.png 24℃/ 12℃


日の出 6時35分 / 日の入り 19時41分 
だんだん、日が短くなってきました。
95211.jpg



久しぶりにハチと行った公園に行ってきました。
95213.jpg


明日が新月なので、凄い引き潮です。
IMG_0516.jpg

子供さん連れた家族がたくさん来てました。
IMG_0519.jpg

みんなバケツ持って何やら取ってます。
カニかな?
IMG_0527.jpg

フジツボ
IMG_0523.jpg

ヤドカリ
IMG_0526.jpg

ダンジェネスガニ
IMG_0530.jpg


この夏は、結構このピュージェット湾でオルカが見られているようです。
95214.png



今、いろんな種類の鮭が湾に集まってきているので
人間(釣り人)やアザラシ、カモメ、アジサシ、ミサゴなどが
湾にたくさんいて、賑やかです。

あっ!オスプレイ!(ミサゴ)
ospray.png

がんばってあたしのコンデジで撮ってみたーーっ!
IMG_0550 (4)

IMG_0552 (2)


そろそろ、秋ちかしというシアトルの夏の終わりを感じた
週末でした。
IMG_0562.jpg

| 季節 | 05:42 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フレンチカットビーンとラベンダースティック

シアトル 曇り harekumor.png 16℃/ 10℃

曇りで、気温がぐっと下がりました。
もうシアトルの夏は終わりかな。
822211.png

畑のインゲンも終わりで、支柱を片付けました。
溜まったインゲンを軽く茹でて冷凍保存します。
めんどくさいけど、フレンチカットにすれば、ちょっと固いさやも食べれます。
IMG_0453.jpg

軽く塩ゆでして~
IMG_0451.jpg

冷凍保存。1年ぐらいは軽くもちます。
IMG_0468.jpg

最近、乾物に凝ってます。食品乾燥機(ディハイドレーター)で
乾燥「ミートソーススパゲッティー」も作ってみました。
これ、キャンプにいいんです。
IMG_0469.jpg


今、お庭ではラベンダーが綺麗に咲いているので
前から作りたかった「ラベンダースティック」も作りました。
IMG_0462.jpg

12・3本ぐらいを一つの束にします。かわいいリボンも用意して。
IMG_0391.jpg

茎の間をリボンで編んでいきます。ぐるぐる~
IMG_0466.jpg

最後に茎の所もクロス網にしてリボンで結びます。
IMG_0392.jpg

部屋いっぱいにラベンダーの香りがします。
たんすに入れておくのもいいかも。トイレか?
IMG_0467.jpg

ユーチューブでラベンダースティックと検索するといっぱい出てきますよ。

| 手芸 | 08:13 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カーペットと一生懸命働いている人

シアトル 煙 30℃/ 16℃

カリフォルニアかカナダからの山火事の煙が
シアトルに吹いてきてるので、煙いです。
814211.png

日本の皆さんは豪雨らしいですが
大丈夫でしょうか。

先週やっとうちのボロカーペットを張替えました。

もうだいぶ前から替えたかったんですが、ミッツが年老いて
カーペットにゲーッしたり、粗相したりで「ミッツがいなくなるまで待とう!と。

そしたら、ハチもだんだん、粗相するようになってきて
「ハチがいなくなるまで待とう!」と。

そしたら、コロナ。

「コロナなくなるまで、、」と思ったけど「いや、コロナはなくならんでしょう」と
やっと張替えできました。

小さい家具は自分たちで外に出して、大きな家具は業者の方が
動かしてくれました。

ボロいカーペットだったけど、節々にいろいろ思い出もあるわけで。
これ、ハチが小さい時、むしった穴。
IMG_0405.jpg

リビングのド真ん中に穴があって、ミッツもハチも
ここを歩くたびに、この穴見つけて「なんだ、この穴!掘ってやる!ホリホリ」と
やっていました。

そんな思い出も思い切ってさよならです。バイバイ。

古いカーペットを剥ぐと60年物の板間が出てきます。
今は、みんなフローリングが人気なので、これを綺麗に削って
使う方も多いのですが、わたしはカーペットの方が好きなんです。
フローリングは掃除が楽ですが、音の反響が気になるので。
IMG_0422.jpg

明るい色にしたかったので「ビーチサンド」という砂浜色にしました。
IMG_0436.jpg

重い戸棚を戻してもらって、、、
IMG_0443.jpg

ヨイショヨイショ、、
222.png

明るくなりましたー。
IMG_0445.jpg


作業してくれたのは、メキシコ人の若いお兄ちゃん二人。
休みも取らず、シャキシャキ働いてくれました。
英語は分からない感じですが。

アメリカでは、肉体労働は移民者(違法・合法)が支えています。

屋根を張り替えてくれた時も、若いメキシコ人の作業員。
洗濯機や冷蔵庫などの家電を運んで設置してくれるのもメキシコ人の作業員。
彼らが違法か合法かどうかは知りませんが、失業手当もらって働いていない
アメリカ人はいっぱいいるのに。

これが、ニュースなどで報道しない現実です。

日本のニュースを見ていて思うのは
「全然、取材してないやん」って事です。
アメリカのメインニュースをそのまま、「コピペ」。
そのニュースもどれだけ信憑性があるでしょうか。

アメリカに住んで一番驚いた事です。

あ、そうそう、もし本当のアメリカに興味ある方は
アメリカの終わり 山中泉著
という本の著者のインタビューがよくわかります。
アメリカ人でも知らない事が多い時事も取材されております。

中で、メキシコ人の移民に触れてますが、アメリカのメインニュースでは
メキシコ人がどんどん来て困る!なんて言ってますが
だってどんどん入れるんですものね。こっちに。

日本でも農村に外国人の手がないとやっていけないのと同じです。

アメリカは地域によってニュースの内容が全く違ってきます。
わたしは、キャンプで東ワシントン州へ行ったりするのですが
その時、ラジオなどで流れくるニュースは、シアトルで聞くニュースと
全く違ってきています。

まぁ、今はインターネットがあるのである程度頑張って
調べればいろんな情報は得られますね。

おまけ: 今回はあんまり綺麗が写真がなかったので、、、

ハチぶんぶんは、サルビアがお好き
IMG_0403.jpg

IMG_0404.jpg

| 時事 | 07:07 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT